投資信託

投資信託の仕組みとは

投資信託

投資信託とは、どのようなものでしょうか?

 

昨今、個人でも投資をする人が増えてきています。

 

簡単なシステムをご紹介すると、販売会社と運用会社、
管理会社が様々な投資家から預かったお金を運用していくものをいいます。

 

 

証券会社が投資信託の購入や換金、分配などの支払いをおこなっており、
投資家が投資信託をする上でパイプ役となっています。

 

疑問に思う質問や投資に関する相談なども受け付けていたりもします。

 

また、証券会社だけでなく運用会社が販売することもあります。

 

さらには、法律の改正により保険会社や銀行などでも投資信託を販売することが
できるようになりましたので購入の窓口の種類が広がっているといえます。

 

 


運用会社の資金運用方法とは

投資信託

それでは運用会社は投資家から預かった資金をどのように運用しているのでしょうか。

 

運用会社はファンドを組成して管理会社へ運用の指示を出します。

 

管理会社はこの指示に従い、預かった資金を株式や債券などに投資をして資金を増やすための運用をしていくわけです。

 

もちろん、この運用によりあがった収益というのは、
管理会社や販売会社などを通して投資家へ支払われます。

 

 

銀行預金やタンス貯金など、資金を増やすとはいえない現状ですので
投資という分野には非常に関心が高まってきています。

 

資産の何割かをこうした投資信託などを利用して中長期的な
運用に充て増やす仕組みを取り入れるのもよいのではないかと思います。