投資信託の種類

投資信託の種類

投資信託,種類

投資信託には2種類の選択肢に大きく分けることができます。

 

その二つとは、株式投資信託と公社債投資信託というものです。

 

今からこの二つのものを説明していきましょう。


株式投資信託というのは

株式投資信託というと、
一般的には株式を取り入れて利用することが可能なもののことです。

 

株式の他にもCDやCP、債権などの短期金融商品も対象となっていますが、
必ずしも株式を取り入れなければならないというわけではありません。

 

 

買付けで分類すると、一定期間しか募集しない単位型と、
いつでも購入できる追加型とに分けられます。

 

さらに特徴としては、日本の株だけでなく、外国の株に投資することもできます。

 

もちろん高額な収益を得ることも可能ですが、リスクも高いものと思っておきましょう。

 

一般的に使われる言葉で、ハイリスク・ハイリターンという言葉が当てはまるでしょう。

 

公社債投資信託とは

一方、公社債投資信託とは株式などを取り入れないで、
社債や国債などの短期金融商品を運用していくのものです。

 

公社債投資信託には急な現金が必要となったときに、
すぐに換金することができるものや1年の複利効果が望め期間なども
自由に選ぶことができるもの、高額な収益が望め使いやすい便利なものなど
バリエーションが豊富にあります。

 

 

緊急な事態のために備えたお金や、
近い将来使う予定のあるお金などの運用に最適な投資信託の種類と思います。

 

 

公社債投資信託は、長期的に安定した運用を求める人には
適しているものといえるでしょう。

 

もちろん高額な収益は見込みにくいですが、
当然ながらリスクが少なくなっているのが特徴です。

 

 

 

こうした対照的な二つのものをあなたの希望に合わせて
使い分けることが大切だと思います。

 

もちろん両方やって運用額を使い分けるのも一つの作戦ともいえますね。

 

▼このページをブックマークに登録する