投資信託の騰落率

投資信託の騰落率を解説

投資信託,騰落率

投資信託の騰落率について説明したいと思います。

 

投資信託を行っている人は騰落率という言葉はご存知だと思いますが、初心者の方はわからないかもしれませんね。

 

簡単にいうと利益率をはかる指標ということになります。

 

追加型の株式投資信託では基準価格が一定期間で何%上昇したか、
または下落したのかという価格変動を表す言葉が騰落率です。

 

例えば基準価額が10800円だったとして、
半年たって基準価額が10500円になったとします。

 

この場合の投資信託の騰落率というのは半年で
−2.78パーセントになったとうことになります。

 

では基準価額が10500円だったとします。
そして半年後には11000円になっていたとします。

 

この場合の投資信託の騰落率はどうなるのかというと、
半年で+4.76パーセントということになります。

 

このように騰落率は高いほうが理想なのですが、
それが将来の収益を保障するものではないので、注意が必要です。

 

いろいろな投資信託の騰落率やベンチマークを比べてみるのは
運用実績がよくわかりますので、それを参考に投資信託を選ぶというのは
賢いやり方だと思います。

 


▼このページをブックマークに登録する