投資信託の手数料

基本的な手数料

投資信託,手数料

投資信託とは、簡単に説明すると、

 

証券会社が一般投資家から資金を集め、
資産運用会社を通して信託銀行に資金を預けて、

 

株や債権や不動産などに投資する金融商品の事です。

 

その投資信託の手数料についてお話したいと思います。

 

 

投資信託の手数料は、
それぞれ投資信託の時期によって支払う額が違っています。

 

まず投資信託を購入したときに申込手数料というのが必要になります。

 

これはファンドごとに違っているのですが手数料には消費税も加えられます。

 

最近ではこの申し込み手数料がかからないものが増えていて、
これを「ノーロード」といいます。

 

そして、収益分配時にもかかってきます。

 

所得税や地方税です。


その他にも手数料が

そして投資信託の手数料は、換金をする時にも必要になってきます。

 

換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのですが
この投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、
場合によっては換金手数料が無料のファンドもあるようです。

 

そのほかに信託報酬というものがあります。

 

これは投資信託を運営している運営会社の収入になります。

 

運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われるのです。

 

通常は、純資産総額の1%前後です。

 

ほかには信託財産保留金というものも必要です。

 

これは投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。

 

そして解約手数料が必要になる場合もあります。

 

平均して投資信託の保有期間が長ければ長いほど、
解約手数料が無料になったり安くなったりするようです。

 

このように投資信託の手数料は場合によってはとても高額になる事もあるので、
投資信託を行う人にとってはとても重要な事のように思います。

 

▼このページをブックマークに登録する