投資信託の分配金と再投資

分配金の基礎知識

投資信託,分配金

投資信託の分配金についてお話したいと思います。

 

投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や一部の信託財産の中から、
投資家に配られるお金の事です。

 

主に、株式や債券から発生した配当金や利子収入、株式や債券を売買して得た
売買益が投資家に投資信託分配金として配られます。

 

決算をする時期に支払われるのですが、1年に1回や1年に2回、
他にも毎月決算型や隔月決算型など様々です。

 

そして分配金の金額だけ基準価格が下がるといわれています。


受け取り方法の種類

投資信託分配金の受け取り方法は2種類にわかれます。

 

一つは分配金として支払われたものをそのまま受け取る分配金受け取り型です。
前もって振込みなどを指定しておけば自動的に分配金が振り込まれます。

 

もう一つは分配金として支払われたもので
同じ投資信託を購入する分配金再投資型というのもです。

 

購入するときにどちらかを選ぶ事になります。

 

もしも投資信託分配金再投資コースにした人は、
投資信託分配金から税金等を引いた額を決算日に再投資されるというスタイルです。

 

このときには販売手数料は必要ないようです。

 

投資信託分配金はそのまま受け取るのか、
また投資にまわすのか選んで継続して投資を行うことが出来ます。

 

このように支払われる時期や受け取り方法なども様々です。

 

▼このページをブックマークに登録する