投資信託のリスクやリターン

リスクとリターンの意味を知る

投資信託,リスク

投資信託を行うにあたって、
リスクやリターンという言葉をよく耳にします。

 

リスクは一般的には危険性などという意味で使われていますが、投資信託においては価格の変動の大きさや確実ではなという意味で使われます。

 

そしてリターンとは価格の変化率を表します。

 

ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのか
ということを収益率に換算したものです。

 

値上がりだけでなく値下がりにも対応しています。

 

ハイリスクハイリターンなどという言葉を耳にすることもあります。
リスクが大きければ大きいほど、それだけ大きなリターンも期待できます。

 

その逆がローリスクローリターンです。


バランスを考えて決める

リターンが小さいという事はリスクも低いということになります。

 

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを
考えたほうがいいといわれています。

 

収益を期待できる半面、元本が割れてしまう可能性もあるので
自己責任のもとで行わなければなりません。

 

最悪のリスクをどの程度自分が負担できるのか、
リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶ事が大切です。

 

リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょう。

 

▼このページをブックマークに登録する