投資信託運用報告書

説明書のようなもの

投資信託には運用報告書というものがあります。
これはその投資信託の詳しい説明書のようなものです。

 

この運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されています。

 

1年の計算期間のファンドは1年ごと、
決算期が6ヶ月に満たない場合は半年ごとに発行されています。

 

運用報告書を発行することは法律でも定められているのです。

記載内容について

それではその内容について詳しく説明したいと思います。

 

まず、運用実績ですが、これは設定以来の基準価格が記載されています。
それから今後の運用方針ですが、これは市況の推移とともに記載されています。

 

そして、組入有価証券明細表は期首と決算日に
組み入れている有価証券の明細が記載されています。

 

一口当たりの費用明細では信託報酬や売買委託手数料などがか、
基準価格に対してどのくらいかかっているのか報告されています。

 

また費用の明細、組入銘柄、主な売買銘柄、損益状況などについては、
図表での解説もされています。

 

これ以外にも基準価格の推移や分配金、投資環境や、
ファンド全体の収益や損失、そして資産、負債、元本状況など
その投資信託に関するあらゆる情報が記載されています。

 

▼このページをブックマークに登録する