ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法のリスクを把握する

投資信託の運用方法のひとつに「ドルコスト平均法」というものがあります。

 

これは毎月一定の金額を購入して投資し続けるという方法です。
この投資法では買値を安く安定させる事ができます。

 

それはなぜかというと、まずファンドの評価額ですが、これは常に変動していますね。

 

なので購入金額を決まった額にしておけば、評価額が高い時には少ない口数を購入し、
安い時には多くの口数を買う事になるのです。

 

その結果、全体で見れば一口あたりの平均購入額を
安く抑えるという事が可能なのがドルコスト平均法です。

 

一定の数量を継続的に購入するよりは有利であると言えるでしょう。

 

また欠点もあり、同じ商品を集中的に購入する事にもなりますので、
リスクの集中にもつながります。

 

そして一直線に値上がりしている場合などには、
最初に全額投資を行ったほうが有利と言えますので、
少しずつ投資を行うドルコスト平均法では不利になるでしょう。

 

そして投資信託においてはやはり扱っているのは人間ですので
感情を無視するのは不可能ですね。

 

値上がりが続けば、もっと儲けたい、増やしたいと思い、
値下がりが続けば、これ以上損をするのは嫌だと思って、
せっかくの安値を見逃してしまうなんて事もあります。

 

タイミングや判断を狂わせる一番の原因は人間の感情にあると言えるでしょう。

 

そんな場合でもドルコスト平均法なら、機械的にコツコツと
買い続ける事ができますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

▼このページをブックマークに登録する

ドルコスト平均法の欠点を知っておく関連エントリー

分配型ファンドの利点と弱点
投資信託の中でも分配型のファンドがあり、そのメリットやデメリットをご紹介しています。
ドルコスト平均法の欠点を知っておく
ドルコスト平均法には良いところもありますが、欠点を把握しておくことでリスクに対する意識もあがることでしょう。
投資顧問会社のシステム
投資信託では投資顧問会社と契約を結ぶという手段もあります。その役割について紹介します。
日経225連動型上場投資信託の紹介
日経225連動型上場投資信託の解説をしています。
海外ETF(上場投資信託)の良し悪し
海外ETF(上場投資信託)のメリットやデメリットについてまとめました。細かな特徴を把握しておきましょう。
新興国市場株の投資信託を学ぶ
新興国市場株の投資信託について基本的な知識を学んでもらう為、まとめました。是非知識を身につけて役立ててください。
インド株への投資信託を始めよう
インド株の投資信託を始めるにあたっての注意点などの情報をまとめています。
アジアの株の投資信託への期待度
アジア諸国の株や投資信託が近年注目されています。どのアジア諸国がこれから伸びていくのか、展望など解説しました。
中国株の投資信託をする前に
中国株の投資信託を始める前に、現在の状況や過去からの流れを把握しておきましょう。