投資信託と税金

税金のかかる種類

投資信託はそれぞれ時期によって税金がかかってきます。

 

これにはみなさんが直接支払わなければならないものと、
間接的に差し引かれるものとがあります。

 

どの時期にどのタイミングでどれだけの費用がかかるのかを少し調べてみました。
基本的に分配金や解約金、そして売却益で20%の源泉徴収となります。

 

そして分配金を受け取る時、投資信託を換金する場合に税金がかかります。

 

換金する場合では解約差益・償還差益や売却益が発生し、
それぞれ税制上の取り扱いが異なります。

 

投資信託の種類によっても取り扱いが異なり、
株式投資信託と公社債投資信託に分けられます。

 

そして換金や償還する時にも税金がかかります。

換金の方法

換金の場合では、「買取請求」と「解約請求」という2パターンがあり、
それぞれに税制上での取り扱いが異なります。

 

まず「買取請求」ですが、この場合は、利益が出た場合税法上で
譲渡所得となりますので、他の株式や投資信託などからの
損益を通算する事が可能となります。

 

それから「解約請求」ですが、
これは利益が出た場合でも税法上、配当所得となるために、
他の株式や投資信託からでた損益を通算する事ができません。

 

このように投資信託の税金といっても、
様々な種類があり、いろいろなものにかかってきますので、
よく勉強する必要があるのではないでしょうか。

 

▼このページをブックマークに登録する